血糖値を下げるには?おすすめはサプリ!

血糖値を下げるならサプリに決まり!

 

血糖値を下げる薬はどうなの?

 

血糖値が高い場合、病院に行くと血糖値を下げる薬を処方してくれる事があります。この薬は一体どういった薬なのでしょうか。血糖値を下げる事のできる薬は、「血糖降下薬」と呼ばれています。こういった薬を飲む事で、主に糖質の吸収を防いだりインシュリンの働きを高める事ができます。

 

血糖値がどの程度高いかによって使用する薬は分かれてきますが、大きく分けると4種類になります。血糖値の上昇を防いでくれる効果のある薬として、「α−グルコシダーゼ阻害薬」があります。この薬は食前に服用する薬となっており、食事によって摂られた糖の吸収を遅くする事で食後に血糖値が上がるのを防いでくれます。インシュリンの働きを促進させてくれる薬としてはインスリン抵抗性改善薬があります。

 

インシュリンの働きが活発になることで血糖値を下げてくれる効果があります。インシュリン自体の分泌を促す薬としてはスルフォニル尿素薬になります。とても効果はありますが、長い間飲んでいるとだんだん効き目がなくなってきてしまうので長期の服用には向いていません。

 

ビグアナイド薬は、血糖値には直接作用しませんが食欲を抑えてくれる効果があります。これにより食べ過ぎによる血糖値の上昇は抑えられます。血糖値を下げる薬というのはあくまでも補助療法となるので、糖尿病の治療などには同時に食生活の改善や運動なども行っていく必要があります。医師から指示された治療法をしっかり実践するようにしていきましょう。

 

血糖値を下げる食べ物はある?

 

血糖値を下げるには食事による改善も必要となります。この食事の際に、血糖値を下げる効果のある食品を摂取する事でより効果的に血糖値を下げていく事ができます。血糖値を下げてくれる食品は、食物繊維の多いものやミネラルの一種であるクロムを多く含んでいる食品となります。

 

食物繊維には糖質の吸収速度を遅らせてくれる作用がありますので、食後の血糖値の上昇を防いでくれます。食物繊維が豊富な食材はごぼう、かぼちゃ、きのこ類、こんにゃくなどです。一方クロムというのはインシュリンの働きを促進させてくれる作用があります。

 

これによって糖質を分解して、血糖値を下げてくれる結果になるとされています。クロムはアーモンドなどのナッツ類や貝類、きのこ類に多く含まれています。また玉ねぎは血液をサラサラにする、というのは聞いた事があると思いますが、それは玉ねぎには血糖値を下げる効果があるという理由もあります。

 

タマネギは1日に4分の1個くらい食べるといいでしょう。もちろんそれ以上食べても構いません。オクラのネバネバも、血糖値の上昇を抑えてくれます。オクラのネバネバは食物繊維の一種ですので食物繊維と同じような働きをしてくれる他、マグネシウムや亜鉛などのミネラルも含まれているのでインシュリンの働きを促進してくれる効果もあります。

 

沖縄が原産となるシークァーサーも血糖値を下げてくれる効果があります。これは沖縄県民の長寿の秘密にもなっているのでしょうね。こうした血糖値を下げる食品を食事に取り入れ、上手に血糖値を下げていくようにしましょう。

更新履歴